「零度」の歌詞・楽曲情報

松岡侑李

「零度」について

歌詞本文

零度。そう、ダイヤのように
愛しさも氷のように
色褪せない価値を感じていた

Tell your unknowable
分かつものを見せて
繰り返しの
争いもやめないで
何が僕らを尖らせてしまうの?

I don't wonder. 全てが枝先の花の嘘
落ちていく
お互いに変えられない世界でいきているの
溶け合うことはできない

そこにきっとひかれあって
枷になって深くまで痕になってく

手にできないまま心も体も傷を重ねてく
無くしてはいけないものから壊してしまった僕の弱さ全て
水面に浮かぶ花になる
向こうにまた色が移る

零度。そう、ダイヤのように
きっと冷たいまま
崩れることのない形のまま

I don't wonder 全ては器の底に沈む
陰りで
お互いに見えている一部で黒と決める
相容れない僕等は
手をとりあえず心も体も痛みを分けれない
無くした言葉を探して闇雲切り裂く
優しさとの区別も出来ずにいた水の中見失う
かわるがわる色を変えていく思い出泡になる

底できっと見つけられる
君の手の温かさ
一度だけ戻れたら光を

教えてよ
本当の姿を形を名前を呼んで見つけてよ
無くしてはいけないものから壊してしまった僕の弱さ全て
水面に消える月となる
向こうにまた色が移る

基本情報

タイトル 零度
歌手名 松岡侑李
作詞者 渋谷勇太(sui sui duck)
作曲者 渋谷勇太(sui sui duck)
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル アニメ
楽曲の長さ
レコード会社

リリース情報・記録

リリース年月日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

松岡侑李による最新楽曲

松岡侑李の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「零度」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!