「愛のくらし」の歌詞・楽曲情報

増田恵子

「愛のくらし」について

歌詞本文

この両手に 花をかかえて
あの日 あなたの部屋をたずねた
窓をあけた ひざしの中で
あなたは笑って迎えた
手をつなぎ ほほよせて
くり返す愛のくらし
花は枯れて 冬が来ても
すてきな日々はつづいていた
愛をかたる 言葉よりも
吹きすぎる 風の中で
求めあうぬくもりが
愛のかわらぬしるし

人はいくども 愛に出会い
終わりのない 愛を信じた
ある日気がつく 愛の終わりに
人はいくども泣いた
手をつなぎ ほほよせて
くり返す愛のくらし
花は咲いて 春が来ても
すてきな日々は戻って来ない
愛をかたる 言葉よりも
風にこごえた この両手に
あなたの身体のぬくもりが
今も消えずに残る

基本情報

タイトル 愛のくらし
歌手名 増田恵子
作詞者 Tommy Children/日本語詞:加藤登紀子
作曲者 Alfred hause
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社

リリース情報・記録

リリース年月日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

増田恵子による最新楽曲

増田恵子の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「愛のくらし」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!