「Four Seasons」の歌詞・楽曲情報

MAGIC OF LiFE

「Four Seasons」について

歌詞本文

今にも笑いだしそうな声で
呼ばれるたび
つられて笑ってしまう

するとほら
またスネてしまうんだ
その顔が可愛くて
可笑しくて
また笑ってしまうよ

怒らすつもりはなくて
言葉にしたいけど
知らない気持ちばかりを
君はくれるから

春に揺られ芽吹く陽気さも
夏に騒ぐ胸のざわめきも
秋に想い募る憂さも
冬の肌恋しさも

君の瞼一つの瞬きで
いとも容易く感じられる
モノクロの毎日が急に
明日のことなどわからないし
勝手に世界は回っていて
置いてかれてるようで

憂鬱が視界を曇らせてしまい
不甲斐ない雨が空を埋め尽くす
それでも嵐の中を踊ろうよ
上手く踊れなくてもいい
君の手をとれば
明日を愛せるんだ
君と季節は巡るから

春に揺られ芽吹く陽気さも
夏に騒ぐ胸のざわめきも
秋に想い募る憂さも
冬の肌恋しさも

君の瞼一つの瞬きで
いとも容易く感じられる
モノクロの毎日が急に
やけに鮮やかにみえる
輝いてみえる
やけに鮮やかに見える

基本情報

タイトル Four Seasons
歌手名 MAGIC OF LiFE
作詞者 高津戸信幸
作曲者 高津戸信幸
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル ロック(邦楽)
楽曲の長さ
レコード会社

リリース情報・記録

リリース年月日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

MAGIC OF LiFEによる最新楽曲

MAGIC OF LiFEの楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「Four Seasons」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!