「風のオートバイ」の歌詞・楽曲情報

真島昌利

「風のオートバイ」について

歌詞本文

嵐の中で抱きあって
これが最後じゃないのかと
いつもそんなせつなさで
ぎりぎりのキスをしよう

錨を上げて帆をはって
冷たい雨にうたれても
夢がついに破れても
この旅は終わらないよ

だからもう涙をふいて
だからもう怖がらないで
よくみてみればわかる
たいしたことでもねぇ

消えてゆくのはまぼろしか
なにかとても大切な
忘れ物をしたような
この気持ちくすぶってる

どこにも落ち着かないで
どこにもたどり着かない
風のオートバイに乗って
虹の彼方までさぁ

基本情報

タイトル 風のオートバイ
歌手名 真島昌利
作詞者 真島昌利
作曲者 真島昌利
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社

リリース情報・記録

リリース年月日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

真島昌利による最新楽曲

真島昌利の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「風のオートバイ」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!