「さよならビリー・ザ・キッド」の歌詞・楽曲情報

真島昌利

「さよならビリー・ザ・キッド」について

歌詞本文

21で結婚して 27でもう疲れて
夢のかけらさえ投げ出し 惰性で時を過ごしている
ぬけがらのようにうつろで 話題は過去に流れてく
君はふせ目がちになって 他人の人生をうらやむ

何が君におこったんだ 何かが君をケっ飛ばした
君がとてもすけてみえる 消えてしまいそうなほどだ

ワナにはめられたみたいだ 生活にクビをしめられ
やり場のないいらだちが 毎晩オレを責めたてる
今度子供が生まれるよ それでもうオレも終わりさ
力なく笑う君には 反逆者のカゲすらない

授業を抜け出して2人 バスに飛び乗った
有刺鉄線を乗りこえ 夜と手を組んだ
ギターで世界にはむかい 痛い目もみたよ
くだらないことでいつでも 僕を笑わせた
誰も見ていやしないのに 孤独なビリー・ザ・キッドを
まじめな顔で演じてた 君をおぼえてる

国立の6月の雨 バス停のわきの木の下
君はぼんやりと立ってた 僕等はそこで別れたよ

君はサヨナラと言った 僕は君の背中を見た
僕は君の背中を見た その上に降る雨を見た

基本情報

タイトル さよならビリー・ザ・キッド
歌手名 真島昌利
作詞者 真島昌利
作曲者 真島昌利
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社

リリース情報・記録

リリース年月日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

真島昌利による最新楽曲

真島昌利の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「さよならビリー・ザ・キッド」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!