「九段の母」の歌詞・楽曲情報

真木柚布子

「九段の母」について

歌詞本文

上野駅から 九段まで
かってしらない じれったさ
杖をたよりに 一日がかり
せがれきたぞや 会いにきた

空をつくよな 大鳥居
こんな立派な おやしろに
神とまつられ もったいなさよ
母は泣けます うれしさに

【セリフ】
「せがれや とうとう来ただよ やっと来ただよ この命のあるうちに 足腰の動く
うちに 一度は参らにゃ死ぬにも死ねん思いじゃった
病気でずーっと寝たっきりだった父ちゃんも 去年の冬 とうとうおめぇの傍へ
行ってしもうて 母ちゃん 一人ぼっちになってしもうた
せがれや 父ちゃんに会ったかや 父ちゃんに会ったら 一緒に酒でも飲んで
昔話や戦地の話をしてやってくんろ
おめぇに先立たれて 父ちゃん 心の支えを失くした様じゃった 戦死の知らせを
聞いたときゃ 握り拳 床に叩きつけて 涙こぼしていただよ
その夜は 布団をかぶって 背中震わせて ずーっとずーっと泣いていただよ」

両手あわせて ひざまづき
おがむはずみの おねんぶつ
はっと気づいて うろたえました
せがれゆるせよ 田舎もの

鳶が鷹の子 うんだよで
いまじゃ果報が 身にあまる
金鵄(きんし)勲章が みせたいばかり
逢いに来たぞや 九段坂

【セリフ】
「おめぇのお陰で 国さからぎょうさんご褒美もろて・・・そうじゃ そうじゃ
こんな立派な勲章までもろて・・・それにな 村の役場の偉えお人も母ちゃんに頭
を下げてくんなすった あぁ ありがてぇ あぁ もってえねぇ・・・
・・・でもな・・・でもな・・・勲章やお金をいくらもろても 母ちゃんちっとも
嬉しいことなんかねぇ こんな触っても冷たえ勲章より おらぁ おめぇの温(あった)けえ
手に触りてぇ・・・
お国のためじゃと おまえは勇んで行ったが 帰って来たときゃ ちいせえ箱ん中
であんな姿で・・・あんまりじゃ・・・あんまりじゃ・・・
玉が当たってさぞや痛かったろう・・・つらかったろう・・・淋しく死んでった
おまえの背中 さすってやりてぇ・・・抱きしめてやりてぇ・・・母ちゃんの作った
芋の煮っ転がしを食わしてやりてぇ・・・
せがれや、おらぁ おめぇに会いてぇ 一目でもええ、夢ん中でもええ、母ちゃん
に会いに来てくんろ せがれや せがれや せがれやぁ・・・」

基本情報

タイトル 九段の母
歌手名 真木柚布子
作詞者 石松秋二
作曲者 能代八郎
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社

リリース情報・記録

リリース年月日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

真木柚布子による最新楽曲

真木柚布子の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「九段の母」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!