「朝が来るよ」の歌詞・楽曲情報

槇原敬之

「朝が来るよ」について

歌詞本文

24時間のバーガー屋の
馬鹿みたいに熱いコーヒーを
少しすすって車の屋根の
上に置きポケットに手を入れる
トラックの通り過ぎる音が
遠くに響く薄暗い空に
明けの明星と月だけが
消し忘れたように光ってる

どんなに願ったところで
巡る季節は止められないなら
それをもっと楽しめる
日々にしたいと思った

ささやかなことの中にも
隠された大事な意味に
気づけるような気がしたとき
朝日が昇り始めた

自分がこんな年になる
日が来るなんて思わずに来た
自分はいつまでも元気で
何でも出来ると信じ込んでた
50を過ぎた友人に
どんな気持ちか聞いたときに
出来ることと出来ないことが
わかるから楽しいと笑ってたっけ

どんなに願ったところで
好きなことは好きで嫌なことは嫌だ
自分の行きたい場所に行こう
正しくても間違っていても

ささやかなことの中にも
隠された大事な意味に
気づけるような気がしたとき
朝日が昇り始めた

ささやかなことの中にも
隠された大事な意味に
気づけるような気がしたとき
朝日が昇り始めた

僕のために朝が来るよ

基本情報

タイトル 朝が来るよ
歌手名 槇原敬之
作詞者 槇原敬之
作曲者 槇原敬之
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル J-POP
楽曲の長さ
レコード会社

リリース情報・記録

リリース年月日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

槇原敬之による最新楽曲

槇原敬之の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「朝が来るよ」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!