「だらん」の歌詞・楽曲情報

槇原敬之

「だらん」について

歌詞本文

いるものは持って行って
いらないものは置いていけばいい
ドアを閉めたあとぼんやり
しながら集めて捨てるから

注意してみてなくても
何かが変わったってわかる
僕の気持ちだけではもう
どうにも出来ないよね

何度ハグしても君の両手が
だらんと下がったままで
そろそろ君を僕から
放してあげる時かも知れない

そいつと僕が持っているもの
両方手に入れたくて
がまんして側にいるだけじゃ
少し努力が足りないよ
下がった両手が抱きしめたい
誰かのもとにいけばいい
心に嘘はつけないんだ
君もだけど そう僕もね

君が疲れて寝てる間に
テーブルのスマホの画面に
相手からのメッセージが
現れて逆にあせった

何かに夢中になると人は
どこか間が抜けてしまう
誰かに夢中にさせたのは
僕のせいだ 仕方ない

そいつと僕が持っているもの
両方手に入れたくて
がまんして側にいるだけじゃ
少し努力が足りないよ
下がった両手が抱きしめたい
誰かのもとにいけばいい
心に嘘はつけないんだ
君もだけど そう僕もね

そいつと僕が持っているもの
両方手に入れたくて
がまんして側にいるだけじゃ
少し努力が足りないよ
下がった両手が抱きしめたい
誰かのもとにいけばいい
心に嘘はつけないんだ
君もだけど そう僕もね

基本情報

タイトル だらん
歌手名 槇原敬之
作詞者 槇原敬之
作曲者 槇原敬之
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル J-POP
楽曲の長さ
レコード会社

リリース情報・記録

リリース年月日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

槇原敬之による最新楽曲

槇原敬之の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「だらん」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!