「ただただ」の歌詞・楽曲情報

槇原敬之

「ただただ」について

歌詞本文

台風が過ぎたあとの
湿ってぬるい風が
吹き抜ける商店街
僕はふと顔を上げた
遠くに立ち並ぶ
ビルが切り取ったのは
ブルーからオレンジに
染まる夕方の空

自転車をとめて
しばらく見とれていたら
綺麗な空だよと
君のメッセージが届いた

世界がどうだとか
他の人がどうだとか
それも大事だけど
今日は君と僕が
同じ時に同じ空
見て綺麗と思えた
そのことが何より
大事に思えたんだ

答えの出ないような
問題ばかり抱えて
途方に暮れながら
とぼとぼ帰ってた
この星に生まれて
巡り会える全てが
宇宙の奇跡ってこと
すっかり忘れたまま

自転車をとばして
今すぐ君に会いたい
ワゴンのリアウインドウが
夕暮れ連れ去る前に

世界がどうだとか
他の人がどうだとか
それも大事だけど
今日は君と僕が
同じ時に同じ空
見て綺麗と思えた
そのことが何より
大事に思えたんだ

今朝会ったばかりなのに
懐かしい顔が
買い物袋を抱えて
目を丸くしている

世界がどうだとか
他の人がどうだとか
それも大事だけど
今日は君と僕が
同じ時に同じ空
見て綺麗と思えた
そのことが嬉しかった
ただただ

基本情報

タイトル ただただ
歌手名 槇原敬之
作詞者 槇原敬之
作曲者 槇原敬之
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル J-POP
楽曲の長さ
レコード会社

リリース情報・記録

リリース年月日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

槇原敬之による最新楽曲

槇原敬之の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「ただただ」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!