「キボウノヒカリ」の歌詞・楽曲情報

槇原敬之

「キボウノヒカリ」について

歌詞本文

どうせ自分なんてと
勝手に目盛りをつけて
限界を決めたとしても
楽なのは自分だけだ
でも僕は考える
この心の中は
どんなものもその広さや
深さは測れやしないと

諦めない心には必ず
ひらめきやアイディアが
思いつく それはいわば
神様からのメール

きっと本当の闇なんて
この世界のどこにもない
星や月が輝きながら
暗い夜を照らすように
きっと本当の闇なんて
この世界のどこにもない
あるならきつく目を閉じてる
僕らの中にだけだ

自然の力の中で
僕らの命は儚い
宇宙から地球を見ても
見えない小さな生き物
そんな命が今日も
生かされ続けているのは
僕らにしか出来ないことが
あるからなのかもしれない

諦めない心には必ず
ひらめきやアイディアが
思いつく それはきっと
神様からのエール

きっと本当の闇なんて
この世界のどこにもない
星や月が輝きながら
暗い夜を照らすように
きっと本当の闇なんて
この世界のどこにもない
あるならきつく目を閉じてる
僕らの中にだけだ

きっと本当の闇なんて
この世界のどこにもない
星や月が輝きながら
暗い夜を照らすように
きっと本当の闇なんて
この世界のどこにもない
あるならきつく目を閉じてる
僕らの中にだけだ

そう希望の光は
僕らに届き続けてる

基本情報

タイトル キボウノヒカリ
歌手名 槇原敬之
作詞者 槇原敬之
作曲者 槇原敬之
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル J-POP
楽曲の長さ
レコード会社

リリース情報・記録

リリース年月日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

槇原敬之による最新楽曲

槇原敬之の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「キボウノヒカリ」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!