「微妙なお年頃」の歌詞・楽曲情報

槇原敬之

「微妙なお年頃」について

歌詞本文

怖いよ すごく怖いよ
変わってしまう自分が怖いよ
今にも 消えてしまいそうな
恥じらいという特別な感情

怖いよ すごく怖いよ
変わってしまう自分が怖いよ
あれほど恥ずかしかったのに
どんな言葉も平気で言えるのが怖い

修学旅行お風呂の時間
どちらかと言えば隠す派だったのに

突然銭湯にテレビの
カメラが入ってきても
隠す事さえ忘れそうな
そんな微妙なお年頃

怖いよ とても怖いよ
変わってしまう自分が怖いよ
緩む まじで緩んでくる
いつからかどこもかしこも緩んでる

普通にグラスを口につけ
飲んでいるつもりなのに
入らないてゆっかこぼれちゃう
しかも少し経ってそれに気付く

まだ今は白糸の滝だとしても
予感している いつかナイアガラ

距離感がつかめてないのか
口のしまりが悪いのか
ちゃんと飲み物が届かない
そんな微妙なお年頃

修学旅行お風呂の時間
どちらかと言えば隠す派だったのに

突然銭湯にテレビの
カメラが入ってきても
隠す事さえ忘れそうな
そんな微妙なお年頃

基本情報

タイトル 微妙なお年頃
歌手名 槇原敬之
作詞者 槇原敬之
作曲者 槇原敬之
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル J-POP
楽曲の長さ
レコード会社

リリース情報・記録

リリース年月日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

槇原敬之による最新楽曲

槇原敬之の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「微妙なお年頃」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!