「羽」の歌詞・楽曲情報

MICRON' STUFF

「羽」について

歌詞本文

細くとがった長い影 いつもより静かなの何故?
ベンチ脇 行きそびれ 語りかけるよう踊る綿毛

Nothing really matters to me.
Anyway the wind blows...can see.
「風が吹くまま・・・なすがまま・・・
どこまでも飛んでいけたら」

自由を求めていたんだろう
理由を聞けないでいたんだよ
僕は僕で
君は君で
背中合わせ 明日に怯え

ピンクパレット 描く空
今日も羽ばたいてるんだろう?
見上げるのは もういいさ

街灯の下 ひだまりの丘
悲しみは少しずつ置いてきた
暗雲の透き間 月夜の空
希望の光もホラ見えてきた
すれ違うことでしか
気付けなかった君の本音
何度も君が浮かんで 涙して
やっと分かり始めた気がするよ

大空に飛び立つタイミング
待ちわびた風の便り
追憶の海に足を取られないようおもいっきり

ピンクパレット 描く空
今日も羽ばたいてるんだろう?
サヨナラ愛しき人よ そろそろ僕も行くよ

あの頃を運ぶ
花の香りがする季節
羽広げ 風に向かおう
Uh... Uh...

目の前広がる厚い雲
射し込み始めた微かな光
旅立ち告げるメロディー
どこまでも響かせたい
La. La. La.....僕なら行けるさ

あの頃を運ぶ
花の香りがする季節
羽広げ 風に向かおう
Uh... Uh...

La. La. La.....

基本情報

タイトル
歌手名 MICRON' STUFF
作詞者 MICRON' STUFF
作曲者 MICRON' STUFF
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社

リリース情報・記録

リリース年月日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

MICRON' STUFFによる最新楽曲

MICRON' STUFFの楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「羽」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!