「潮騒よ」の歌詞・楽曲情報

LaLuce

「潮騒よ」について

歌詞本文

潮騒よ

人影 見えない海岸は(みんなから忘れられてる)
あんなに賑わってたのに(過去形)
なぜか今は歩きにくい砂の上(一人)
サンダル 脱ぎたくなる(すぐに)

二人(二人)会った(会った)貸しボートのバイトは(今は)
夏が過ぎて終わってしまった OH

(そうね)恋はいつも期間限定 永遠じゃない(きっと)
風の向きが変わって 日差しも弱くなる
(ああ)空と海の色が 交わったら(秋だ)
制服もちゃんと着替えさせて(潮騒よ)

薄手のカーディガン羽織っても(肌寒くなって来たから)
そろそろ家に帰ろうか(電車で…)
あなた ここにいてくれたら絶対に(そっと)
ジャケット 掛けてくれた(肩に)

違う(違う)街で(街で)暮らしている二人の(距離が)
ふいに遠く感じてしまった OH

(だって)恋はいつも見つめ合って 育ってくもの(たぶん)
だけど想いだけじゃ そんなに続かない
(ああ)もしも寄せる波に 濡れちゃっても(そうよ)
心配してくれるあなたはここにいない(寂しいね)

あのね
こんなことを言ってたって忘れられない(絶対)
次の夏が来ても 私は変わらない

そうね
恋はいつも期間限定 永遠じゃない(きっと)
風の向きが変わって 日差しも弱くなる
(ああ)空と海の色が 交わったら(秋だ)
制服もちゃんと着替えさせて(潮騒よ)

基本情報

タイトル 潮騒よ
歌手名 LaLuce
作詞者 秋元康
作曲者 Sato.
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社

リリース情報・記録

リリース年月日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

LaLuceによる最新楽曲

LaLuceの楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「潮騒よ」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!