「アジアの台風(百花繚乱編)」の歌詞・楽曲情報

ポカスカジャン

「アジアの台風(百花繚乱編)」について

歌詞本文

咲いて散るのが花ならば
散ってみせよう艶やかに
桜吹雪が乱れ飛ぶ
恋の台風吹き荒れろ

冬の花火に惑わされ
体許した沈丁花
たった一度の過ちと
嘆く心に恋花火

アジアの台風吹き荒れろ

三味が泣く時雪が舞う
女泣く時 花が舞う
馬鹿を承知と知りながら
恋の花道見得を切る

アジアの台風吹き荒れろ

あなた恋しと後ろ髪
切って階段駆け上げる
化粧の下で泣いている
恋の舞台は待ったなし

アジアの台風吹き荒れろ アジアの台風吹き荒れろ

客が帰ったサラの板
稽古重ねる恋舞台
心に決めたキメゼリフ
恋の嵐よ吹き荒れろ

死んで願いが叶うなら
せめて一度は殺したかった
三途の川の停車場で
惚れたはれたの浮世の性を
死んで地獄に行くのもよし
生きて地獄を見るのもよし

恋の嵐よ吹き荒れろ

アジアの台風吹き荒れろ アジアの台風吹き荒れろ

基本情報

タイトル アジアの台風(百花繚乱編)
歌手名 ポカスカジャン
作詞者 タマ伸也
作曲者 タマ伸也/フレンズ
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社

リリース情報・記録

リリース年月日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

ポカスカジャンによる最新楽曲

ポカスカジャンの楽曲一覧

2020年08月10日付の週間ランキング

もっとランキングを見る

その他に関連する楽曲を見る

「アジアの台風(百花繚乱編)」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!