「ラブソングしか歌えない」の歌詞・楽曲情報

ポカスカジャン

「ラブソングしか歌えない」について

歌詞本文

戦場では戦車が土ぼこりをあげてる
ゴミ置き場ではカラスが網をつついてる
街角では名も無き若者がギターを弾いている
故郷では今年もまた祭りの季節

戦争について 平和について
自由について 故郷について
歌うべき歌はあまりにもたくさんあるけれど

今はラブソングしか歌えない
今は君のことしか考えられない
海に佇む君 星を数える君
風にそよぐ君 浜辺を駆ける君
僕の心にはいつも君がいる

高速道路では今日もパイロンが立ち並ぶ
見知らぬ土地では少年が名前を変えて生きる
地下鉄では2分遅れの電車が来る
白い部屋では窓の外を眺めてる老人

秩序について 罪と罰について
過去について 尊厳について
歌うべき歌はあまりにもたくさんあるけれど

今はラブソングしか歌えない
今は君のことしか考えられない
髪をほどく君 歌を口づさむ君
電車を待ってる君 階段を駆け上がる君
まぶたを閉じればいつも君がいる

保育器の中では新しい命が叫ぶ
ビルの上では下を見たまま立った人がいる
冷蔵庫の中では賞味期限の切れたハム
こたつの中では穏やかに眠っている猫

生命について 自殺について
無駄について 日常について
歌うべき歌はあまりにもたくさんあるけれど

今はラブソングしか歌えない
今は君のことしか考えられない
僕の心にはいつも君がいる
まぶたを閉じればいつも君がいる

戦争について 平和について
自由について そして…

基本情報

タイトル ラブソングしか歌えない
歌手名 ポカスカジャン
作詞者 タマ伸也
作曲者 タマ伸也
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社

リリース情報・記録

リリース年月日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

ポカスカジャンによる最新楽曲

ポカスカジャンの楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「ラブソングしか歌えない」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!