「朝日と海とこの想い」の歌詞・楽曲情報

BON-BON BLANCO

「朝日と海とこの想い」について

歌詞本文

朝日にキラめいた波
砂浜には誰もいない
二人っきりになりたくて街を
抜け出して来たのは 夜明け前

なんとなく繋ぎ合う手
そっと握り返す君
うまく言えずにいる事 心で
語りかけるよいいよね

君と出遭って はじめて知ったよ
せつないまでに 人を好きになる気持ちを

今 誓うよ
君ひとりを どこまでも そう 守ってゆくと
たとえ僕が
傷ついても 変わらない この想いは

生まれてく日差しの中
見ている海の向こうに
たとえ嵐が待っていても ねぇ
君と未来に向かうよ

たださり気なく 寄り添うだけでも
かけがえのない 勇気がもらえる気がする

今 誓うよ
君ひとりを まっすぐに そう 愛してゆくと
どんなときも
信じていて 迷わずに この想いを

今 誓うよ
君ひとりを まっすぐに そう 愛してゆくと
どんなときも
信じていて 迷わずに この想いを
迷わずに この想いを

基本情報

タイトル 朝日と海とこの想い
歌手名 BON-BON BLANCO
作詞者 比留間徹
作曲者 平田祥一郎
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社

リリース情報・記録

リリース年月日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

BON-BON BLANCOによる最新楽曲

BON-BON BLANCOの楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「朝日と海とこの想い」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!