「三分間の別れ」の歌詞・楽曲情報

すぎもとまさと

「三分間の別れ」について

歌詞本文

そうだよ僕にとっては
驚きだったのさ
見知らぬ家にダイヤル
回したのかと思ったぐらい
君はどうして電話の向こうで
何も言わずに黙ってるの
いつもと違う雰囲気に乗せて
さよならの一言話すつもりなら
三分間は長過ぎるよね

受話器を置くとまもなく
すべてが解って来て
ぼんやり窓辺にもたれ
寝静まった街を見つめてたよ
君が遠くへ段々遠くへ
離れて行ってしまうよな
真夜中だから悲しみはつのる
笑いながら二人過した時なら
三分間は短かかったよ

君はこれから気軽に僕に
話しかけてはくれないさ
大切なこと打ち明けはしない
暗闇に一人取り残されたよな
三分間のはかない別れ
三分間のはかない別れ

基本情報

タイトル 三分間の別れ
歌手名 すぎもとまさと
作詞者 吉田健美
作曲者 杉本真人
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社 キングレコード

リリース情報・記録

リリース年月日 2008年06月04日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

この楽曲情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

すぎもとまさとによる最新楽曲

すぎもとまさとの楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「三分間の別れ」へのコメント

まだコメントはありません。

会員登録(無料)してコメントを投稿!