「願い」の歌詞・楽曲情報

JUJU

「願い」について

歌詞本文

朝焼けがこぼれて 部屋を染めても
夢に彷徨うあなたに会えそうな気がして
目覚めたくない

どんなに想っても どんなに泣いても
戻らないなら 愛さなければよかった?
わからなくて

もしも願いが届くなら
痛いほど ねぇ抱きしめて
まだ あなたのいない日々の中に
答えを探してるの

「ずっとそばにいるよ」そう言ってた目は
不安な気持ちを 見透かすように優しく
守るようで

悲しみに立ちすくんでる
今の私はここにいて
そっと 絶え間なく色褪せない風に
背中を押されたよう

どんな苦しみにも
越えてくための 時間が用意されてるはず
あなたのいない 場所で 一歩ずつ歩き出す

もしもあなたに届くなら
真っすぐに届けられたら
もっと 言葉じゃ伝えきれなかった
“ありがとう”を送るよ

もしも願いが届くなら
明日を愛せそうだから
ねぇ いつでもあなたは変わらずに
私の 心の
そばにいてね

基本情報

タイトル 願い
歌手名 JUJU
作詞者 岩城由美
作曲者 木村篤志・Taisho
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社 SMAR

リリース情報・記録

リリース年月日 2011年04月06日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

この楽曲情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

JUJUによる楽曲

「願い」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!