「或る女のつぶやき」の歌詞・楽曲情報

丸山圭子

「或る女のつぶやき」について

歌詞本文

膝(ひざ)を組みかえて女はつぶやく
「自分に素直でありたい」
巡る季節の色に染まりながら
肩先に優しさが匂(にお)うようになった

たとえひとりの男(ひと)を本気で信じたとしても
それはそれでささやかな愛

忘れられる人がいて 忘れられない人がいる
手をとりあって生きていけるなんて 素敵な事じゃない?

ルージュひきながら女はつぶやく
「昨日の自分にさよなら…」
黄昏の人だかりに押し流されて
心から想い出をすられてしまった

たとえ昔のあなたとここで出逢ったとしても
それはそれでただのすれ違い

つかみきれる人がいて つかみきれない人がいる
肌をあわせて生きていけるなんて 幸せな事じゃない?
感じあえる人がいて 感じあえない人がいる
限りなく優しく生きていけるなんて 大切な事じゃない?

基本情報

タイトル 或る女のつぶやき
歌手名 丸山圭子
作詞者 丸山圭子
作曲者 丸山圭子
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
収録アルバム ALL FOR YOUR LOVE
レコード会社

リリース情報・記録

リリース年月日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

アルバム『ALL FOR YOUR LOVE』に含まれる楽曲

丸山圭子による最新楽曲

丸山圭子の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「或る女のつぶやき」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!