「つゆくさ」の歌詞・楽曲情報

林明日香

「つゆくさ」について

歌詞本文

路傍の露草 朝水溜めて
藍色緋色に光が揺れる
明け方 夢に 寂しく笑う
君の睫毛に 水珠ひとつ

距離を越え 届く耳元 弾む声
間に間に 聞える 吐息が…揺れた

彼方に霞む 西空仰ぎ 元気でいてと 囁いた
足下見つめ 鞄を振った 元気でいると 呟いた

しゃがんで 唇花に寄せ
ふっと息吹に 水珠 落ちた

指先触れる カタバミの莢
音も立てずに 破れて跳んだ

見送る君に 一言「好き」と
はにかむ笑顔に 過ぎし日重なる

時を越え 遊ぶ夕暮れ 蝉の声
花火の 約束 路地裏…消えた

逢えない日々に 面影探す 忘れるわけない 確かめる
四角い窓に 震える指で さよなら綴り すぐ消した

弾けてひしゃげた 莢ひとつ
溢れる 想いが 四方に散った

基本情報

タイトル つゆくさ
歌手名 林明日香
作詞者 鈴木健二
作曲者 山移高寛
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル J-POP
楽曲の長さ
収録アルバム
レコード会社 EMIミュージック・ジャパン

リリース情報・記録

リリース年月日 2003年05月21日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

この楽曲情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

アルバム『』に含まれる楽曲

林明日香による最新楽曲

林明日香の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「つゆくさ」へのコメント

まだコメントはありません。

会員登録(無料)してコメントを投稿!