「スイッチが入ったら」の歌詞・楽曲情報

石川智晶

「スイッチが入ったら」について

歌詞本文

スイッチが入ったら
世界の裏側を転がり落ちてくる
あの橋の下の掃き溜めのように
キレイゴトですまされない

1から10までパーツ全部揃えても
今の私じゃ何も使えないよ
手の腹を伝うてんとう虫の赤い点から
思わぬ火が点くこと恐れてる

スイッチが入ったら
止まる思考回路
手を引っ込めた途端
暗闇に逆に噛まれるような
濃すぎる景色がある

アクリルガラスの冷たいドームの中は
膝を抱えて座る静けさだけ
この手で増やした瓦礫の中に
置き去りにした感情は絶えず点滅してる

スイッチが入ったら
最大の強みは自分を知らないこと
心ごと全部乗っ取るくらいの
誰かのウィルスになる

初めて抱きしめた人形に息を吹きかけては
私の分身につぶやいてきたものを探そう
向こう見ずな風が髪を揺らしていく
そのきっかけを探している

スイッチが入ったら
止まる思考回路
手を引っ込めた途端
暗闇に逆に噛まれるような

スイッチが入ったら
最大の強みは自分を知らないこと
心ごと全部乗っ取るくらいの
誰かのウィルスになる

基本情報

タイトル スイッチが入ったら
歌手名 石川智晶
作詞者 石川智晶
作曲者 石川智晶
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル アニメ
楽曲の長さ 0:04:34
レコード会社 flying DOG

リリース情報・記録

リリース年月日 2011年07月27日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

この楽曲情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

石川智晶による最新楽曲

石川智晶の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「スイッチが入ったら」へのコメント

まだコメントはありません。

会員登録(無料)してコメントを投稿!