「いつの日にかきっと」の歌詞・楽曲情報

山田純大

「いつの日にかきっと」について

歌詞本文

いつの日にか きっと会える
たとえ今はひとり 沈んでいても
あなたが 生きていると
ただそれだけで 明日という日を忘れない

月もなく 凍りついた夜に
心の中に灯をともして
どんなにつらく 淋しくても
ただあなたを 待つでしょう

言葉では 言い尽くせない
哀しみさそう あの名曲すら
なんの意昧もない
いま 空満天の 星屑あおげば

ただあなたの横顔が 浮かんでいる
このひとつひとつの 命の中に
あなたとわたしの 光がある
かならず ふたりで この宇宙に
輝くでしょう

夜を賭けて 海を渡り
春の花 たとえ散っても
わたしは 蝶になり
あなたのもとへ きっと舞うでしょう

Wow Wow…

基本情報

タイトル いつの日にかきっと
歌手名 山田純大
作詞者
作曲者
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社

リリース情報・記録

リリース年月日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

山田純大の人気楽曲

この楽曲情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

山田純大による楽曲

「いつの日にかきっと」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!