「Howl」の歌詞・楽曲情報

dip

「Howl」について

歌詞本文

泥沼から足は這い出した
歩いてみるか しばらくしたら
入れ替わっていく身体の中
この先は道無き未知な日々

雲は無くて陽は差している
風が顔に吹き当たっている
陽を浴びたばかりでまだ眩しい
影が濃くなってやがて伸びていく

ハウりだしている空が 吠えだしている空が

鉛の夜を昨日抜け出した
すべて引き摺ったまま生きられない
入れ替わっていく身体の中
この先は道無き未知な日々

恐怖も無くて破綻したがった
風が吹いて遠くは見えない
陽を浴びたばかりでまだ眩しい
影が濃くなってやがて伸びていく

ハウりだしている空が 吠えだしている空が

HOW does it feeL?

この楽曲のアーティスト

dip

この楽曲の収録アルバム

HOWL

基本情報

タイトル Howl
歌手名 dip
作詞者 ヤマジカズヒデ
作曲者 ヤマジカズヒデ
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
収録アルバム HOWL
レコード会社

リリース情報・記録

リリース年月日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

アルバム『HOWL』に含まれる楽曲

dipによる楽曲

「Howl」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!