スポットライトの歌詞・概要

PENGUIN RESEARCH

「スポットライト」について

歌詞本文

今日を生き抜くのはそんなに簡単じゃない
夢に潰されそうで眠れない夜をゆく
幼い頃のビジョンはどこかに消えてしまった
不条理な世界できっと誰か泣いている

無傷で通過しようと思うな
その道を往くのなら
消せない傷は生きた軌跡だ
死ぬまで忘れないよ

どんな悲劇の朝も超えてゆけ
握った夢の感覚を糧にして
報われる保証も無いが予感を信じて走れ
愛すべき奇跡の瞬間はここにしかない
生きゆく理由なんて後付けさ
朝焼けのピンスポットが僕等を照らした
鼓動が止まるその日まで終わらない
次は君の番だって夜明けが言う

ひとつまたひとつって積み上げてきた希望は
いつか汚れ捨てた理想によく似ている
幼い頃のビジョンはどこかに消えてしまった
訳も無い言葉に気を取られてた隙に

いつかこの意識も全部灰に変わるのなら
生きた意味はせめて知りたいよ
全てが、全てが消えてしまう前に

最後の日僕はきっと予感を信じて走る
くたびれ切った五感を置き去りに「あとちょっとなんだ」って
生きゆく理由なんて後付けさ
朝焼けのピンスポットが僕等を照らした
鼓動が止まるその日まで終わらない
次は誰の番かって
夜明けに言われなくたって分かるだろう

この楽曲のアーティスト

PENGUIN RESEARCH

基本情報

タイトル スポットライト
歌手名 PENGUIN RESEARCH
作詞者 堀江晶太
作曲者 堀江晶太
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社 SME

リリース情報・記録

リリース年月日 2016年06月08日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

この楽曲情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

PENGUIN RESEARCHによる楽曲

「スポットライト」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!