「キズナソング」の歌詞・楽曲情報

THE BACK HORN

「キズナソング」について

歌詞本文

誰もがみんな幸せなら歌なんて生まれないさ
だから世界よもっと鮮やかな悲しみに染まれ
強い人だと想っていた あなたがこぼした涙
冬の日射しの中で輝いてずっと見惚れていたんだ

傍にいるのに分からないことばかりで
何一つ出来ないけど いつだって傍にいるよ

ありふれた小さなキズナでいい
そっと歩みを合わせてゆく僕ら
街中にあふれるラブソングが
少し愛しく思えたのなら素晴らしい世界

苦しくたってつらくたって誰にも話せないなら
あなたのその心を歌にして僕が歌ってあげるよ

街に座って久しぶりに笑いあって
楽しげに悲しい歌 かき鳴らしてる今夜

今はまだ小さなヒカリでいい
そっと命を重ねてゆく僕ら
見たこともないような顔で笑う
きっと全ては見せられないけど明日へ向かおう

ありふれた小さなキズナでいい
そっと歩みを合わせてゆく僕ら
街中にあふれるラブソングが
少し愛しく思えたのなら素晴らしい世界

だけど時が過ぎて悲しみは巡る
そして歌が生まれ 僕ら綺麗になってゆく

日射しの中で

基本情報

タイトル キズナソング
歌手名 THE BACK HORN
作詞者 菅波栄純
作曲者 THE BACK HORN
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ 0:05:58
収録アルバム BEST THE BACK HORN
レコード会社

リリース情報・記録

リリース年月日 2005年01月26日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

アルバム『BEST THE BACK HORN』に含まれる楽曲

THE BACK HORNによる最新楽曲

THE BACK HORNの楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「キズナソング」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!