「mine」の歌詞・楽曲情報

八反安未果

「mine」について

歌詞本文

このままふたりずっといれたらいいね
やさしい夜は すべて忘れて
言葉は二人を哀しくさせるから
何も言わないで 見つめていたい

逢うたびいつもいつも 傷つけ合うだけなら
どうして逢ってしまった あの場所であの夜に

tableの隅のキャンドル ここでは二人
あなただけ… 揺れているのは
涙で濡れている頬にくちづけられて
愛し合ってるなら いつもいっしょね

切ない想い出なんて 雪の海へと流し
今すぐこの胸へとかけてきて… 待っている

逢うたび いつかきっと 信じつづけてるから
私だけ抱きしめて つらぬいて… mine

基本情報

タイトル mine
歌手名 八反安未果
作詞者 伊秩弘将
作曲者 伊秩弘将
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル J-POP
楽曲の長さ 0:03:32
収録アルバム Autumn Breeze
レコード会社 ポニーキャニオン

リリース情報・記録

リリース年月日 1999年09月01日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

この楽曲情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

アルバム『Autumn Breeze』に含まれる楽曲

八反安未果による最新楽曲

八反安未果の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「mine」へのコメント

まだコメントはありません。

会員登録(無料)してコメントを投稿!