RADIANCE MOONの歌詞・楽曲情報

相川七瀬

「RADIANCE MOON」について

歌詞本文

頬杖をついて 窓の外眺めてた
街路樹が風に揺れている高い空
ありがとういつも 大切にしてくれて
照れくさいけれど 今言葉にしてみたい

こんな気持ち、穏やかでやさしい気持ち
この世界が輝き きらめいている

抱き合うこと キスすること
見つめること、そっと、触れること
永遠の恋を乗せた RADIANCE MOON
銀河まで届く

私のこと探す 目の行き場に手を振った
三日月の夜に 言わずにいられなかったこと

たった1人 巡りあったこの存在を
たった1人 心ごと結ばれた人を

支えること 認めること
許し合えることと見守ること
壊れやすい恋の RADIANCE MOON
今2人育てている
ひとつになる その瞳に
誓いたてる

抱き合うこと キスすること
見つめること、そっと、触れること
永遠の恋を乗せた RADIANCE MOON
左手に感じている
風になびく時の中で
夜空の月は銀河へと旅に出るよ

抱き合うこと キスすること
見つめること、そっと、触れること
永遠の恋を乗せた RADIANCE MOON
左手に感じている
風になびく時の中で
夜空の月は銀河へと旅に出るよ

この楽曲のアーティスト

相川七瀬

基本情報

タイトル RADIANCE MOON
歌手名 相川七瀬
作詞者 相川七瀬
作曲者 田村謙
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社 エイベックス・トラックス

リリース情報・記録

リリース年月日 2005年01月19日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

この楽曲情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

相川七瀬による楽曲

「RADIANCE MOON」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!