「いけすかない」の歌詞・楽曲情報

GRAPEVINE

「いけすかない」について

歌詞本文

放投げたつもりでいたのはアレだ
まわりまわればいかにもキレイになるからだ
君はそれで爪を伸ばしてる

取上げた話題で明日の身を占う
物真似が得意な方がまだマシだ

足が震えて 下は縺れてる
丸腰のステージ
果たして何が見たい?

世界が二人を引離してゆく
理解の向こうなどもう見たくもないぜ
まだ期待してるのかい?

放投げたつもりでいたのは誰だ?
物真似が得意なオマエに言われた

いっそこの場で喉を枯らして
丸腰のステージ
待たした そこまで行こう

世界が二人を近づけてゆく
理解を超えるための新しいプライドで
また期待したいのさ
いけすかないぞ

基本情報

タイトル いけすかない
歌手名 GRAPEVINE
作詞者 田中和将
作曲者 西川弘剛
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル ロック(邦楽)
楽曲の長さ 0:05:19
収録アルバム Lifetime
レコード会社 ポニーキャニオン

リリース情報・記録

リリース年月日 1999年05月19日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

アルバム『Lifetime』に含まれる楽曲

GRAPEVINEによる最新楽曲

GRAPEVINEの楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「いけすかない」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!