「静かな夜に」の歌詞・楽曲情報

大野智

「静かな夜に」について

歌詞本文

雨の調べ 漂う涙の奏(かなで) 霞む空が 覗いていた
時を止めて まどろむ森の深くに 記憶を隠したまま 光探す

幾つも色を重ねるたび 夢のように滲んでゆく
たなびく風に身を委ねたなら 届かないこの声も

伸ばした手のひらに触れた光 通り過ぎてゆく
目覚め忘れた 花を濡らして
まるでそれはいつか見た景色 戻れない
ひとり描き続けた 静かな夜に

瞳閉じて 流れる涙はどこへ 眠れぬ長い夜に 星を探す

指先なぞるかすれた色 形さえ薄れてゆく
震える胸に溶かした傷みが 流れてはとめどなく

追いかけて儚く消えた夢に 心は揺れて
別れを告げた 何も言わずに
誰かの呼ぶ声が今もまだ 響いてる
ひとり立ち尽くしてた 遠く見つめて

月は君を映し出して 白く輝く
雨は降り止むこともなく 僕を包んだ

伸ばした手のひらに触れた光 通り過ぎてゆく
目覚め忘れた 花を濡らして
まるでそれはいつか見た景色 戻れない
ひとり描き続けた 静かな夜に

追いかけて儚く消えた夢に 心は揺れて
別れを告げた 何も言わずに
誰かの呼ぶ声が今もまだ 響いてる
ひとり立ち尽くしてた 遠く見つめて

基本情報

タイトル 静かな夜に
歌手名 大野智
作詞者
作曲者
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社

リリース情報・記録

リリース年月日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

この楽曲情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

大野智による楽曲

「静かな夜に」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!