「ひび割れた鏡」の歌詞・楽曲情報

AKB48

「ひび割れた鏡」について

歌詞本文

やさしい言葉は
ずっと覚えてる
時がどれだけ過ぎても…

両腕のぬくもり
思い出せないのは
どうしてでしょうか? Ah-

ひび割れたその鏡 同じように
覗いても
ギザギザと走ってる悲しみが
邪魔をしてる
あの頃と変わらないつもりでも
見えないもの
あんなに深く愛してたのに
心が欠けてしまった

大きな背中に
おでこつけてると
なぜか安心できた

涙も乾いた
私のこの顔は
どう写っているの? Ah-

ひび割れた胸の奥 棘(とげ)のように
刺さってる
大切に守ってたしあわせが
痛みになる
もう二度と戻れない生活が
失ったもの
あれからやっと立ち直っても
すべてが見えない傷口

捨ててしまえばいいのに
今も笑ってる自分が
そこに写っている気がした

ひび割れたその鏡 同じように
覗いても
ギザギザと走ってる悲しみが
邪魔をしてる
あの頃と変わらないつもりでも
見えないもの
あんなに深く愛してたのに
心が欠けてしまった

あの日の愛はもうひび割れた
真実 写した鏡よ

基本情報

タイトル ひび割れた鏡
歌手名 AKB48
作詞者 秋元康
作曲者 三日市吉陽
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル J-POP
楽曲の長さ 0:04:31
レコード会社 キングレコード

リリース情報・記録

リリース年月日 2017年01月25日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

AKB48による最新楽曲

AKB48の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「ひび割れた鏡」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!