「結婚したかもしれない女たち」の歌詞・楽曲情報

菅原洋一

「結婚したかもしれない女たち」について

歌詞本文

他人で終わるも 一生そいとげるも
思えば ほんの 時のいたずらで
あの時あなたに 気持ちを 伝えていたら
その後の通路(うんめい)は 変わっていただろう

いま ふりかえれば あのひと このひと
出会いと 別れの すれ違い
愛したひとも 見送るだけのひとも
それぞれ すてきに 心を過ぎたひと

愛かと問われて 愛ではないと云った
何かときかれ 好きと答えてた
傷つけられない やさしい心ゆえに
どちらの愛も捨て 一人になっていた

いま ふりかえれば あのひと このひと
出会いと 別れの すれ違い
憎んだひとも 傷つけ合ったひとも
きらきら 輝き 瞼にうかぶひと

愛したひとも 見送るだけのひとも
それぞれ すてきに 心を過ぎたひと

基本情報

タイトル 結婚したかもしれない女たち
歌手名 菅原洋一
作詞者 阿久悠
作曲者 森田公一
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル 演歌・歌謡曲
楽曲の長さ 0:05:11
収録アルバム ピアノと唄う愛の詩
レコード会社 徳間ジャパンコミュニケーションズ

リリース情報・記録

リリース年月日 2015年04月08日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

この楽曲情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

アルバム『ピアノと唄う愛の詩』に含まれる楽曲

菅原洋一による最新楽曲

菅原洋一の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「結婚したかもしれない女たち」へのコメント

まだコメントはありません。

会員登録(無料)してコメントを投稿!