「夢の花」の歌詞・楽曲情報

THE BACK HORN

「夢の花」について

歌詞本文

いつの日からだろうか こんな風に上手に
人混みを歩く靴を履いたのは
むせかえる夏の雨 この街に来た頃は
傘も差さないで無邪気に笑ってた

土砂降りの現実 ずぶ濡れの心で
僕ら震えながら瞼を閉じた

夢の花 想像さえ
越えるような色に染まれ
その時まで涙拭いてゆくのさ
今 荒れ果てた日々の中に
一握りの種を蒔いた
そしていつか強く咲き誇るように

自分さえ愛せずに人を愛せはしない
比べた数だけ汚れてく涙

雨上がり朝日に未来を重ねたら
見えたような気がした 光の中で

夢の花 想像さえ
越えるような色に染まれ
その時まで涙拭いてゆくのさ
今 歩き出す日々の中に
自分らしい水を撒こう
そしていつか強く咲き誇るように

基本情報

タイトル 夢の花
歌手名 THE BACK HORN
作詞者 松田晋二
作曲者 THE BACK HORN
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ 0:04:37
収録アルバム BEST THE BACK HORN
レコード会社

リリース情報・記録

リリース年月日 2004年07月21日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

アルバム『BEST THE BACK HORN』に含まれる楽曲

THE BACK HORNによる最新楽曲

THE BACK HORNの楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「夢の花」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!