「一枚の切符から」の歌詞・楽曲情報

田代美代子

「一枚の切符から」について

歌詞本文

ひと駅ごとに 何かが遠ざかる
ひと駅ごとに 何かが近くなる
今この胸をひた走る
線路はどこへ 続くのだろう
一枚の切符から

心に描く景色は いつだって
降り立つ駅の どこかがちがってる
このへだたりが旅なのか
何が埋めて くれるのだろう
一枚の切符から

ガラスにうつる 自分の顔を見る
その向うには 誰かの顔がある
あの想い出があるかぎり
私の旅に終りは来ない
一枚の切符から

ひと駅ごとに 何かが遠ざかる
ひと駅ごとに 何かが近くなる
この山なみを越える時
あしたを満たす 光に会える
一枚の切符から

基本情報

タイトル 一枚の切符から
歌手名 田代美代子
作詞者 伊藤アキラ
作曲者 森田公一
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社

リリース情報・記録

リリース年月日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

この楽曲情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

田代美代子による最新楽曲

田代美代子の楽曲一覧

「一枚の切符から」へのコメント

まだコメントはありません。

会員登録(無料)してコメントを投稿!