「ひかりのまちで(Acoustic Version)」の歌詞・楽曲情報

イ・ジョンヒョン

「ひかりのまちで(Acoustic Version)」について

歌詞本文

ひかりのまちで
朝の光は遠く
一人 夜の片隅
今も目を閉じればそのたび
あなたの笑顔 よみがえる

季節が運んだ 花の匂いは
あなたがくれた 淡い思い出

ひとりひとり 夜を越えてく
ひとつひとつ 悲しみさえも
いつかみたいに 笑い合える日が来るよ
光がまた 生まれる街で

「ただいま」「おかえり」あなたの声が
宝物だと今 気付いた

痛みを抱いて 越えていくのさ
拭えない あの後悔も
「ありがとう」も 言えなかった「ごめんね」も
今ならもう 言える気がした

失ったもの 数えるよりも
見つめよう ここにある光を

ひとりひとり 夜を越えてく
ひとつひとつ 悲しみさえも
いつかみたいに 笑い合える日が来るよ
光がまた 生まれる街で

基本情報

タイトル ひかりのまちで(Acoustic Version)
歌手名 イ・ジョンヒョン
作詞者
作曲者
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社

リリース情報・記録

リリース年月日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

この楽曲情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

イ・ジョンヒョンによる楽曲

「ひかりのまちで(Acoustic Version)」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!