「砂丘」の歌詞・楽曲情報

鈴木雅之

「砂丘」について

歌詞本文

果てしない砂丘を 君と歩き続けてる
足跡 急に風がさらって消えた

それはまるで 二人の過去をあざ笑うように
砂煙 悲しみだけを消してくれた

だから歩いてゆこう ずっと歩いてゆくんだよ
海が見えるまで
急に泣きたくなったら ぎゅっと胸で泣いたらいいよ
君を抱きしめてる

安らかに瞳閉じて 君は眠るのか?
君の心 元気か? それとも弱虫か?

いつも変わり続けた 僕はあの雲の様に
流されるままに
だけど変わらぬものよ それは君がくれる光
僕を抱きしめてよ

だから歩いてゆこう ずっと歩いてゆくんだよ
海が見えるまで
急に泣きたくなったら ぎゅっと胸で泣いたらいいよ
風が吹いてる

だから歩いてゆこう ずっと歩いてゆくんだよ
海が見えるまで
だから胸で泣きなよ ぎゅっと胸で泣いたらいいよ
君を抱きしめてる
風が吹いてる

基本情報

タイトル 砂丘
歌手名 鈴木雅之
作詞者 大下きつま
作曲者 ジョー・リノイエ
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル J-POP
楽曲の長さ 0:04:58
収録アルバム Tokyo Junction
レコード会社

リリース情報・記録

リリース年月日 2003年12月24日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

この楽曲情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

アルバム『Tokyo Junction』に含まれる楽曲

鈴木雅之による最新楽曲

鈴木雅之の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「砂丘」へのコメント

まだコメントはありません。

会員登録(無料)してコメントを投稿!