「しあわせ芝居」の歌詞・楽曲情報

研ナオコ

「しあわせ芝居」について

歌詞本文

泣きながら電話をかければ
ばかな奴だとなだめてくれる
眠りたくない気分の夜は
ものがたりを聞かせてくれる
とてもわがままな私に
とてもあの人はやさしい
たぶんまわりの誰よりも
とてもあの人はやさしい
恋人がいます 恋人がいます
心の貢につづりたい
恋人がいます 恋人がいます
けれど つづれないわけがある
私 みんな気づいてしまった
しあわせ芝居の舞台裏
電話しているのは私だけ
あの人から来ることはない

浜辺をみたいのとさそえば
鼻歌まじりにつれてゆく
踊りたいとすねてみせれば
おどけながらあわせてくれる
部屋をたずねてもいいかしらと
一度きいてみるつもりです
きっとあの人はだめだとは
言わないだろうと思います
恋人がいます 恋人がいます
心の貢につづりたい
恋人がいます 恋人がいます
けれど どうしてもつづれない
私 みんな気づいてしまった
しあわせ芝居の舞台裏
逢いたがるのは私ひとり
あの人から来ることはない

私 みんな気づいてしまった
しあわせ芝居の舞台裏
逢いたがるのは私ひとり
あの人から来ることはない

基本情報

タイトル しあわせ芝居
歌手名 研ナオコ
作詞者 中島みゆき
作曲者 中島みゆき
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル 演歌・歌謡曲
楽曲の長さ 0:04:06
収録アルバム NAOKO VS MIYUKI
レコード会社 ポニーキャニオン

リリース情報・記録

リリース年月日 1990年10月21日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

アルバム『NAOKO VS MIYUKI』に含まれる楽曲

研ナオコによる最新楽曲

研ナオコの楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「しあわせ芝居」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!