「きりん」の歌詞・楽曲情報

おおもと友子

「きりん」について

歌詞本文

月曜 新しい靴 かかとが少し痛い
知らない誰かの顔がくっつく電車の中
私だけは誰とも違ってると思いたくて
あぁ あなたの声が聴きたい
だから瞳閉じて
あなたの顔思い浮かべてみる
もうちょっと頑張れる

木曜 あともう少し 瞼がはれぼったい
誰もが不機嫌そうに揺られてあくびしたり
夢みたいにあなたが現れたらうれしいのに
ねぇ 私はどんな顔して
あなたを見つめてる?
秋風に立つきりんとおんなじ
澄んだ瞳をしてるかな

金曜 やっと金曜 早起き今日でおしまい
待ってた週末がくる あなたに逢えるといいな
今日は電話がくる日 勝手にそう決めているの
あぁ 何から話せばいいか
考えているのよ
いつも夢で話してるみたいに
上手くいくといいけど

あぁ あなたの声が聴きたい
だから瞳閉じて
いつか見上げたきりんの背中で
二人で風になろう
どこまでもいっしょだよ

基本情報

タイトル きりん
歌手名 おおもと友子
作詞者 大本友子
作曲者 大本友子
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社 ポニーキャニオン

リリース情報・記録

リリース年月日 1997年06月18日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

この楽曲情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

おおもと友子による最新楽曲

おおもと友子の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「きりん」へのコメント

まだコメントはありません。

会員登録(無料)してコメントを投稿!