「会津のおんな」の歌詞・楽曲情報

水田竜子

「会津のおんな」について

歌詞本文

みちのく生まれは 深なさけ
抱かれる気持に 迷いはないわ
雪の夜道を つめたい指に
息を吹きかけ 迎え傘……
いいの逢えたら 倖ですと
駅へ小走り 会津のおんな

若松あたりの 湯の郷へ
人目を忍んで 遠出をしたい
罪な契りと わかっていても
淡く咲けない 寒椿……
いいの私も さだめのままに
燃えて散ります 会津のおんな

風花みたいな 恋だけど
この手に包んで 信じていたい
月のしずくに ふたりで濡れて
なごり惜しんだ 城下町……
いいのここから 他人の顔で
あなた見送る 会津のおんな

基本情報

タイトル 会津のおんな
歌手名 水田竜子
作詞者 水木れいじ
作曲者 水森英夫
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社 キングレコード

リリース情報・記録

リリース年月日 2012年04月11日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

この楽曲情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

水田竜子による最新楽曲

水田竜子の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「会津のおんな」へのコメント

まだコメントはありません。

会員登録(無料)してコメントを投稿!