「コロナ」の歌詞・楽曲情報

UVERworld

「コロナ」について

UVERworldの4枚目のオリジナルアルバム『AwakEVE』(アウェイクイヴ)に収録された曲。当初は、アニメ『機動戦士ガンダム00』(セカンドシーズン)の第1期OP候補にも上がっていた。TAKUYA∞自身、「展開が目まぐるしく変わって、やっている方も盛り上がって熱くなれる曲」であると語っている。

歌詞本文

60兆の 僕を担う全ての視覚的細胞を 燃やして欲しいんだ
灰になるほど 焼き尽くしてくれよ 僕に潜むコロナ

道づれ探し space walk
夢中になれた玩具 そこまであと一歩
あからさまに destiny cloudy
価値観なんてそうさ ヒナ鳥の親の法則

ちがう ちがう これじゃない 逝けない理由は
僕の破壊的好奇心は 不感症だ…

60兆の 僕を担う全ての視覚的細胞を 燃やしていたいんだ
同じ数ほどだけの 銀河の海のような女の中に
少しそれを感じたんだけど
もっとヤバイものを探してる delinquent boy

さっきまでの勢いは無いな もう無いや
明日へのパスポート破って 踏み絵を避けて歩く
振り返ったところで 僕には何も無いや
砂時計ひっくり返し 言い訳を探している

ちがう ちがう これじゃない 逝けない理由は
噴き出すコロナよ 焼き尽くすほどに もう逝っちゃって

60兆の 僕を担う全ての視覚的細胞を 燃やしていたいんだ
同じ数ほどだけの 銀河の海の中
あの光る天体にも寿命が言い渡された
見てみたいな この星のクライマックスを

星が降って 瞬きを止めて 期待が脈打って ため息に変わる
夜になって 目は意味を無くし 丸くなって 闇が去るのを待つ
鳥になって 迎えに行こうか 西に向いて飛べば夜は来ない
立ちこめた 低気圧な時代またいで
前に習わず見えたのが そう コロナ

60兆の 僕を担う全ての視覚的細胞が 産まれたと同時に
百発百中で 僕を待つエンディングが 何処でどんな形で訪れるとしても
望むはヤバイ位 想像もつかないほどのクライマックスを

星が降るたび 瞬きを止める
コロナ 僕を焼き尽くすほどに

基本情報

タイトル コロナ
歌手名 UVERworld
作詞者 TAKUYA∞
作曲者 TAKUYA∞
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル ロック(邦楽)
楽曲の長さ 0:04:41
収録アルバム AwakEVE
レコード会社 ソニー・ミュージックレコーズ

リリース情報・記録

リリース年月日 2009年02月18日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

この楽曲情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

アルバム『AwakEVE』に含まれる楽曲

UVERworldによる最新楽曲

UVERworldの楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「コロナ」へのコメント

まだコメントはありません。

会員登録(無料)してコメントを投稿!