「霧雨」の歌詞・楽曲情報

真田弦一郎(楠大典)

「霧雨」について

歌詞本文

窓にうつる霧雨の町を
ぼんやりとただ見てるそんな午後

傘もささず足早に歩く
人の背中は何故か楽しげで

込み上げてくる思いは
雨の雫でそっと溶かしてみようか

むき出しの情熱が求めるままに
走り続けた自分に嘘はないけど
立ち止まる瞬間のこの切なさに
影を落とした日差しをさえぎるような
Misty Rain

形のない優しさの意味を
君の笑顔で知ったその時に

かけがえのないものだけ
胸に残して全て洗い流すだろう

むき出しの情熱で傷つけ合った
日々もいつかは懐かしい思い出となる
西の空 虹を待つ鳥のさえずりが
聞こえるからこのまま包まれてたい
Misty Rain

むき出しの情熱が求めるままに
走り続けた自分に嘘はないけど
立ち止まる瞬間のこの切なさに
影を落とした日差しをさえぎるような
Misty Rain

基本情報

タイトル 霧雨
歌手名 真田弦一郎(楠大典)
作詞者 中畑丈治
作曲者 中畑丈治
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社 インデックス ミュージック

リリース情報・記録

リリース年月日 2006年05月21日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

真田弦一郎(楠大典)による最新楽曲

真田弦一郎(楠大典)の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「霧雨」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!