「悲しみのJODY(She Was Crying)」の歌詞・楽曲情報

山下達郎

「悲しみのJODY(She Was Crying)」について

歌詞本文

JODY 君となら
きっとわかり合えた
ひと夏が過ぎ去った
浜辺は
もう誰もいない

JODY 悲しみを
消してあげたかった
一人きり泣いていた
姿を
僕は見てた

君の肩を
そっと抱いて
歩く夢 今も
残っているのさ
ずっと…

JODY 君の事
もっと知りたかった
だけど もう遅過ぎる
OH JODY
二度と会えない

君の事
忘れない
いつまでも
OH JODY
君を

基本情報

タイトル 悲しみのJODY(She Was Crying)
歌手名 山下達郎
作詞者 山下達郎
作曲者 山下達郎
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
収録アルバム COME ALONG 3
レコード会社 ダブリューイーエー・ジャパン

リリース情報・記録

リリース年月日 1999年06月02日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

この楽曲情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

アルバム『COME ALONG 3』に含まれる楽曲

山下達郎による最新楽曲

山下達郎の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「悲しみのJODY(She Was Crying)」へのコメント

まだコメントはありません。

会員登録(無料)してコメントを投稿!