「21st Century Riot」の歌詞・楽曲情報

Dragon Ash

「21st Century Riot」について

DragonAsh4枚目のフルアルバムLilly of da valleyの2曲目。1曲目「Intro」をサンプリングして繋がるオープニングナンバーである。重低音が唸るサウンドとターンテーブルのスクラッチ音がうまく噛み合い、kjのだみ声が響く時代のラップが聞ける作品。全体的に攻撃的なリリックが多く、この時のDragonAshが時代を切り開くという姿勢が分かる。この時kjは20歳そこそこということに驚きである。

歌詞本文

21st 21st 21st 21st!

Highにイントロ 倍に振動を 巻き起こすLily da シンドローム
純金のよう 光る韻とFlow Yo 毎度タイトに陰と陽
見せつけ登るステージ上 ブレーキのついてねぇCrazy show
全自動で言葉の拳銃を エンジン音響かせて先陣を
街じゃ悩める十代が ナイフ握り相手は重体だ
さらにHighway乗っとりバスジャック “なら2万円” 援交かカスJap
そんな中に夢追う者同士 手ぇ組んだらぜってぇもろ調子いい
てめぇのケツはてめぇで持つべきだ そいつが分かる奴は突撃だ

21st 21st 21st 21st! (Jump! Jump! Jump!)

It's now on da set Mr. LilyだCheckしなリスナーKids now
Yo ギターとMicrophone手に取り さらにテリトリー広げて1等に
陽はまたのぼりそしてくりかえし やがて終わりが来たら振り出し
まだびびってんのか意気地なし そっこついて来な Heads 俺ら風に邁進
またも手に取る賄賂に 最後には警官逮捕に
汚職政治家達がたいそうに 嘘臭ぇし“不正のないように”
そんな中に夢追う者同士 手ぇ組んだらぜってぇもろ調子いい
てめぇの明日はてめぇの行動が 鍵になんぜ 意識暴動だ!

21st 21st 21st 21st! (Jump! Jump! Jump!)

基本情報

タイトル 21st Century Riot
歌手名 Dragon Ash
作詞者 KENJI FURUYA
作曲者 KENJI FURUYA
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル オルタナティブ
楽曲の長さ 0:02:37
収録アルバム LILY OF DA VALLEY
レコード会社 ビクターエンタテインメント

リリース情報・記録

リリース年月日 2001年03月14日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

この楽曲情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

アルバム『LILY OF DA VALLEY』に含まれる楽曲

Dragon Ashによる最新楽曲

Dragon Ashの楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「21st Century Riot」へのコメント

まだコメントはありません。

会員登録(無料)してコメントを投稿!