「まつり」の歌詞・楽曲情報

北島三郎

「まつり」について

歌詞本文

男は祭りを そうさ
かついで 生きてきた
山の神 海の神
今年も本当に ありがとう
白い褌(ふんどし) ひきしめた
裸若衆に 雪が舞う
祭りだ 祭りだ 祭りだ 豊年祭り
土の匂いの しみこんだ
倅その手が 宝物

男は祭りで そうさ
男を みがくんだ
山の神 海の神
いのちを本当に ありがとう
船に五色の 旗をたて
海の男が 風を切る
祭りだ 祭りだ 祭りだ 大漁祭り
見ろよ真っ赤な 陽が昇る
倅 一番船をこげ

燃えろよ 涙と汗こそ 男のロマン
俺もどんとまた 生きてやる
これが日本の 祭りだよ

基本情報

タイトル まつり
歌手名 北島三郎
作詞者 なかにし礼
作曲者 原譲二
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
収録アルバム 北島三郎最終公演 魂の唄
レコード会社 日本クラウン

リリース情報・記録

リリース年月日 2008年06月04日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

この楽曲情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

アルバム『北島三郎最終公演 魂の唄』に含まれる楽曲

北島三郎による最新楽曲

北島三郎の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「まつり」へのコメント

まだコメントはありません。

会員登録(無料)してコメントを投稿!