「ハレソウ」の歌詞・楽曲情報

ハレソウ

「ハレソウ」について

歌詞本文

いつも通りの道を帰っていると
ポツポツ雨が降ってきて 僕は傘をさす

相合傘も悪くはないけれど
君の手を握れないことが 雨が嫌いな理由

明日晴れたならどこへ行きましょうかと
尋ねてみるとなんでだろう 雲行きがあやしい

あなたといると雨ばかりとふくれてる
明日はハレソウだと ぼくが言ってもきいてない、、

相合傘もお別れの時間だね
じゃあ、またねと手をふった 背中が遠くなる

君のために発明したものがあるんだよ
自由に天気を操れる魔法の機械だ

明日はハレソウだ 傘は持ってくけど
心ぐらいは晴れてくれるように作ったんだ

今日が終わったら 明日は来るんだけど
そんな単純なことでさえ難しいからさ

君の明日がどうか晴れてくれますように
魔法の歌を空へ飛ばしてみせるから

ラーラーラー

基本情報

タイトル ハレソウ
歌手名 ハレソウ
作詞者 竹田昌和
作曲者 粟子真行・竹田昌和・渡辺諒 ( 粟子真行 , 竹田昌和 , 渡辺諒 )
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル ロック(邦楽)
楽曲の長さ 0:04:01
レコード会社

リリース情報・記録

リリース年月日 2018年07月11日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

この楽曲情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

その他に関連する楽曲を見る

「ハレソウ」へのコメント

まだコメントはありません。

会員登録(無料)してコメントを投稿!