「さがしもの」の歌詞・楽曲情報

馬場俊英

「さがしもの」について

歌詞本文

さよなら 僕の光 ふたりで描いた日々
分かり合えたあの日はもう ここにも どこにもない
はなればなれになる前に こぼれ落ちてしまう前に
さがすべきものが いくつもあった

すれ違いはなんとなく 誰のせいでもなくて
お互い心を寄せることも 忘れていた
いつでも出来ることだと いつまでもやらずにいた
いつでも言える言葉を いつでも言わずにいたね ふたり

めぐり逢ったあの日のように ふたりで笑いたかった
意味のない話の途中で 本当のこと伝えたかった
淋しいときには 君に淋しいって言えばよかった
さがすべきものは いつも君だった

夕暮れが街並を やがて染め抜いて
結局 僕は君の何になれたのだろうかと 歩道橋で立ち止まり
選ばなかったあの道や 歩かなかったこの道を
寄り道をして来なかった 心がまた振り返る 今も

こんな日にはどこか遠く ふたりで行きたかった
小さかった想いも全部 言葉にすればよかった
忙しくて 疲れて ずっと 君の話を聞かなかった
さがしたいものが いくつも いくつもある

いつの間に はぐれてしまったのか

めぐり逢ったあの日のように もう一度 笑いたかった
意味のない話の途中で 本当のこと伝えたかった
苦しいときには 君に苦しいって言えばよかった
さがすべきものは いつも君だった

君だった ふたりで笑いたかった

さがすべきものは いつも君だった

基本情報

タイトル さがしもの
歌手名 馬場俊英
作詞者 馬場俊英
作曲者 馬場俊英
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社 ワーナーミュージック・ジャパン

リリース情報・記録

リリース年月日 2014年10月01日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

馬場俊英による最新楽曲

馬場俊英の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「さがしもの」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!