「野生の太陽」の歌詞・楽曲情報

THE BACK HORN

「野生の太陽」について

歌詞本文

ゼロになれ 感覚が目覚めてく
心臓が躍動する 骨の軋む音

インパルスが 神経を駆け抜ける
筋肉が収縮する 細胞が叫ぶ

壊せ 誰かが作った未来はいらない
俺は黙らない

一瞬は永遠かもしれない
真夜中に怯えないで 陽はまた昇るさ

夜明け 野生の太陽 暴けよ闇夜を
俺はここにいる

路上 ドブネズミみたいに
這いずりくたばってゆけ それが自由さ

血が沸き 肉踊る恍惚
壊せ 壊せ 屍を踏みつけて

咲け 野生の太陽 暴けよ闇夜を
俺は生きている

路上 ドブネズミみたいに
這いずりくたばってゆけ あぁゼロになる…

基本情報

タイトル 野生の太陽
歌手名 THE BACK HORN
作詞者 THE BACK HORN
作曲者 THE BACK HORN
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル ロック(邦楽)
楽曲の長さ 0:04:41
収録アルバム 心臓オーケストラ
レコード会社 ビクターエンタテインメント

リリース情報・記録

リリース年月日 2005年08月24日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

アルバム『心臓オーケストラ』に含まれる楽曲

THE BACK HORNによる最新楽曲

THE BACK HORNの楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「野生の太陽」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!