「モノクロ」の歌詞・楽曲情報

遠藤舞

「モノクロ」について

歌詞本文

小さい粒が肩に落ちる
傘をさすのもためらう雨
あの日もそう
光こぼれる遠い世界を
君の側で見てた

このままその手を掴んでも二人は
友達で居れる?
何かが壊れてしまうようで
本当の事なんて言えなかった

少しかすれた夢はまるで
白黒に変えた写真のよう
そんな日々も思い返せば
明日からはと前を向いてゆける

あれから僕らは何度目の雨上がり
遠い街の中
何かが過ぎ去ってしまうようで
ほんの少し胸が疼いたんだ

あのままその手を掴んでも二人は
傘の真ん中で
何かを叶える言葉なんて
見つけられなかった気がするんだ

基本情報

タイトル モノクロ
歌手名 遠藤舞
作詞者 ARAKI
作曲者 Mai Endo
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル J-POP
楽曲の長さ 0:03:39
レコード会社 binyl records

リリース情報・記録

リリース年月日 2017年12月13日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

遠藤舞による最新楽曲

遠藤舞の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「モノクロ」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!