「峠」の歌詞・楽曲情報

北島三郎

「峠」について

歌詞本文

ここでいいなら 頂上だけど
先を見上げりゃ まだ中半(なかば)
男なりゃこそ 他人(ひと)より重い
夢を背負って 登りたい
峠と言う名の 一生を

命綱より 離せぬものは
惚れたお前の 心杖
こんな男の 明日に賭けて
共に歩いて 呉れるのか
峠と言う名の 一生を

花と散るとき 男は見たい
生きた証の 足跡を
一歩一歩を 大地に刻み
天を目指して 登りたい
峠と言う名の 一生を

基本情報

タイトル
歌手名 北島三郎
作詞者 木下龍太郎
作曲者 原譲二
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社 日本クラウン

リリース情報・記録

リリース年月日 2008年02月27日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

北島三郎による最新楽曲

北島三郎の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「峠」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!