「漂流星」の歌詞・楽曲情報

山本譲二&やや

「漂流星」について

歌詞本文

夢を 忘れた 女がひとり
夢を ひろった 男がひとり
どこまで漂い どこまで流れ
三途の河原の 死ぬとこまでか
俺も あたしも 漂流星(ながれぼし)

酒を つぎたす 女が泣いた
酒に 溺れる 男が泣いた
骨まで寒くて 骨まで痛い
生きてりゃいいこと どこかにあるの
俺も あたしも 漂流星(ながれぼし)

灯(あかり) ともした 女がポツリ
灯(あかり) 恋しい 男がポツリ
生命(いのち)を縛って 生命(いのち)を抱いて
この世の果ての まだ見ぬ世界
俺も あたしも 漂流星(ながれぼし)
お前も あんたんも 漂流星(ながれぼし)

基本情報

タイトル 漂流星
歌手名 山本譲二&やや
作詞者 荒木とよひさ
作曲者 弦哲也
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル
楽曲の長さ
レコード会社 ポニーキャニオン

リリース情報・記録

リリース年月日 1997年12月03日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

山本譲二&ややによる最新楽曲

山本譲二&ややの楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「漂流星」へのコメント

会員登録(無料)してコメントを投稿!