「もしも、もしも、もしも」の歌詞・楽曲情報

加藤和彦

「もしも、もしも、もしも」について

歌詞本文

もしも、もしも、もしも
おまえがいなければ
ぼくは、ぼくは、ぼくは
ここにいてもしょうがない

雲の上を魚が泳ぎ
波のうらを鳥がとんで
パパが女で ママが男で
地球は四角だったろう

もしも、もしも、もしも
おまえがいなければ
ぼくは、ぼくは、ぼくは
ここにいてもしょうがない

花の中に家が建って
足の裏に耳があり
大人が子供で 子供が大人で
宇宙に果てがあったろう

もしも、もしも、もしも
おまえがいなければ
ぼくは、ぼくは、ぼくは
ここにいてもしょうがない

飛行船は川に浮かび
肉屋さんは花を売るよ
昼間は暗くて 夜は明かるく
太陽は西から上ってくる

だから、だから、だから
おまえのことだけに
ぼくは、ぼくは、ぼくは
それ程 首ったけ

もしも、もしも、もしも
おまえがいなければ

基本情報

タイトル もしも、もしも、もしも
歌手名 加藤和彦
作詞者 松山猛
作曲者 加藤和彦
編曲者
プロデューサー

楽曲情報

ジャンル J-POP
楽曲の長さ
レコード会社 EMIミュージック・ジャパン

リリース情報・記録

リリース年月日 2002年12月11日
オリコン週間順位
ビルボード週間順位

この楽曲情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

加藤和彦による最新楽曲

加藤和彦の楽曲一覧

その他に関連する楽曲を見る

「もしも、もしも、もしも」へのコメント

まだコメントはありません。

会員登録(無料)してコメントを投稿!